わからない箇所を積極的に質問できる人

集団指導のメリットとデメリット

塾などでの指導スタイルには、学校のようなたくさんの生徒に対してひとりの先生が講義を行う集団授業スタイルがあります。そのメリットは同じような志望、学力の生徒と切磋琢磨し競争しあえる環境であるという点です。学校と比べて、塾に通ってまで叶えたい志望校がある生徒ばかりです。志が高くハイレベルな競争が行えるので緊張感を維持しながら受験勉強が出来るでしょう。反面、デメリットは先生の目が生徒ひとりひとりに届いて、指導できるというわけではないことであり、苦手や効率の悪い解法などが改善されないまま放置されてしまうことがあるのです。その苦手を克服するために何をするべきなのか、それを自分で模索できる生徒でなければ成績が上がっていくことは難しくなるでしょう。

積極的に質問できる生徒は集団授業でも伸びる

先生の方から生徒ひとりひとりに目を配ることが難しい集団授業ですが、それでも伸びる生徒は頻回に先生に質問が出来る生徒です。自分の疑問や苦手をそのままにしておかない生徒のほうが、ただ授業を受けて課題をこなしているだけの生徒に比べて、成績が向上することは想像に難くないでしょう。苦手をそのままにして後から直そうとしても、多くの学問はひとつの基礎上に応用が成り立っているため、基礎的な部分で一度躓くと分野や教科そのものが苦手になってしまう可能性があります。個々人の苦手を解消する能力は集団授業スタイルでは個別指導塾に比べて劣る、という特性を理解して、積極的に早く疑問を解消しようとする行動は欠かせないのです。鉄はしっかりと熱いうちに打つべきなのです。