様々な人と情報共有をしたい人

1人でやるよりも大人数で

集団指導塾は個別指導塾とは異なり、先生1人に生徒が多数といった形式の塾です。個別指導塾のように1人1人に合わせて指導を行うことは難しいですが、生徒の数が多い分、生徒同士で情報共有することや、得意な分野を教え教わることが可能です。様々な生徒が在籍する形になるので、情報の得方や勉強の仕方は生徒の数だけあります。自分の方法で、1人で情報収集を行うよりも、効率よく様々な情報を得ることができますし、勉強のやり方や理解の仕方も生徒の人数分存在するので、より、自分に合った方法を見つけることができるかもしれません。自然と他の生徒達とコミュニケーションをとる機会も増えますし、お互いに成長することが望めるでしょう。一人で黙々とやるのではなく、様々な人とコミュニケーションをとって、情報共有をしたい人におすすめです。

周囲と切磋琢磨することによって、自分の実力もアップ

集団指導塾では、多くの生徒が1つのクラスで授業を受けているので、各々の得意不得意が出てくることもあるでしょう。個別指導では1人1人に合わせて納得するまで指導してもらうことが可能ですが、集団指導ではそのようなわけにもいきません。クラスの平均に合わせて授業は進んでいきます。ですが、集団指導で生徒が多いほうがいいこともあります。同じ内容を習っているのですから、生徒同士で授業の補完をすることもできますし、得意な人が苦手な人に教えることもできます。また、同じ程度の力量の生徒達が同じクラスで授業を受けているでしょうから、他人の試験の出来や授業の理解度を知ることによって、お互い切磋琢磨しあって実力を高めあうことができます。

冬期講習は、残された僅かな時間を有効活用したい受験生が第一志望校へ合格するのに大きな力になってくれます。